2020年10月26日アーカイブ

10/25(日)相続無料相談会♪

こんにちは!

相続無料相談会@いまり司法書士事務所

第2回が無事終了いたしました。

今回のご相談は・・・やはりネックになる「認知症」の問題。

相続が発生したが、相続人の中に認知症の方がいる・・・

こうなってしまうと、中々取れる手段が難しくなってきます。

 1つめは法定相続どおりに相続すること。

 2つめは成年後見人を立てること。

 3つめはそのままにすること。(むしろ、そうせざるを得ない)

1だと、その「認知症」の方が受け取った財産を今後どう管理するかという問題がある。

2だと、家庭裁判所の【「認知症」の方の財産を守る】ための判断が入るので、

 ①希望通りの方を成年後見人に選任できない

 ②希望通りの分け方ができない

 ③居住用不動産の売却のハードルが高い

3だと、「認知症」の方が亡くなるまで被相続人の財産に手出しができない

中々難しことがお分かりいただけるかな、と思います。

これらの問題を避けるには、

例えば遺言を残したり、民事信託契約を結んでおくなど、

生前の対策が不可欠です。

とはいえ、なかなか問題が発生しないと動くのが億劫なのが人間というもの。

遺される家族のために、できる限りのことをしておきたいものですね。

司法書士 大畠 伊万里