会社の役員変更登記

会社の役員変更登記

こんにちは。司法書士の大畠です。

 

今日は独立後初の商業登記申請をしました。

今回ご依頼いただいた会社さん。

当初は定款変更のご相談でした。

しかし、よくよく会社の謄本をみてみると・・・役員の任期が切れています。

定款を確認すると、取締役の任期は10年。

しばしば見かけるケースですが、そもそも役員の改選が必要であるということをご存じない社長さんもみえます。

登記事項に変更があれば2週間以内に変更の登記をしなければいけません。

これを怠ると過料が課せられる可能性があります。

また、登記をせずに12年ほったらかしてしまっていると登記官が職権で解散の登記をしてしまいます。

もちろん、事前に連絡は来ますし、万が一解散の登記がされてしまっても再開する方法もあるのですが・・・

 

当初の設立の際にきちんとアドバイスを受けていれば違ったかもしれません。

自分も気を付けないといけませんね。

 

2018.4.19 司法書士 大畠伊万里

 

imari

コメントを残す

CAPTCHA