◎法定後見制度とは?

家庭裁判所によって選ばれた成年後見人等 が、本人の利益を考えて本人を保護・支援する制度。

◎種類は3パターン  ※判断能力の程度など本人の事情に応じて制度を選ぶ

❶ 【 後見 】 判断能力が欠けているのが通常の状態の方

❷ 【 保佐 】 判断能力が著しく不十分な方

❸ 【 補助 】 判断能力が不十分な方

◎成年後見人はどのように選ばれるの?

申立  本人や家族などから家庭裁判所に選任申立

調査   家庭裁判所の調査官が調査

審問  本人や成年後見人候補者に事情を聴く

鑑定  必要に応じて医師に判断能力の鑑定を依頼

審判  後見等開始の審判がおりる

登記  東京法務局において後見登記がされる

◎成年後見人の主な仕事って?

 財産管理

  ◇現金・預貯金・不動産等の管理

  ◇収入・支出の管理

  ◇税務処理(確定申告・納税など)

 身上監護

  ◇医療・介護に関する契約

  ◇施設への入所契約

  ◇生活・療養監護に関する契約

◎家庭裁判所とのやり取りって?

◆家庭裁判所はいつでも成年後見人に対し報告を求めることができる

◆本人の生活環境に変化(施設への転居など)があった場合や、       

 重要な財産を処分 した場合は、その都度家庭裁判所へ報告

いまり司法書士事務所では、「法定後見制度」のメリットデメリットのご説明から、成年後見人選任申立書作成や家庭裁判所への報告書作成など、多岐にわたってお手伝いさせていただきます。