会社を設立したり、登記事項に変更があった時は、その日から2週間以内に変更登記をすることが義務付けられています。
登記を怠ると、100万円以下の「過料」に課せられる可能性があります。
また、12年間登記がない株式会社は、登記官が職権で解散の登記をします。

代表的な商業登記は次のとおりです。

1.会社を設立するとき

2.役員の改選期

3.定款変更をするとき

4.会社の解散・清算

その他、司法書士にお手伝いさせていただくことのできるお手続きは多数あります。

少しでもご不安な点、ご不明な点等ございましたら遠慮なくご連絡ください。