借入完済をしたとき

住宅ローンなど、金融機関等からの借り入れを完済した場合、前述の担保を解除する手続きが必要となります。
これを、「抵当権の抹消登記」といいます。

一般的に、金融機関への申出から何日か後に書類の準備が整う関係上、早い時期での準備が必要となります。

担保解除に伴う申請業務の報酬のほか、登録免許税が1筆あたり1000円必要となります。

必要書類は次のとおりです。
 1. 抵当権解除証書(金融機関発行)
 2. 抵当権の権利証(金融機関保管)
 3. 金融機関の委任状
 4. 借入をしていた方の委任状
 5. 認印
 6. 本人確認書類

期限があるお手続きではありませんが、放っておくと、
 ・金融機関の書類を紛失してしまう
  (再発行には時間と費用が掛かる場合があり、手続きも複雑になります。)
 ・金融機関の統廃合がおこる
  (手続きが難しくなり、費用が余分にかかる場合もあります。)
 ・売却時に必須の手続きなのに時間がかかる
など不都合が多々あります。

お早めに当事務所にご相談くださいませ。