不動産を相続したとき

不動産を相続した場合、法務局で名義変更の手続きが必要です。
これを、「相続による所有権移転登記」といいます。

この相続登記では、一般的にはいわゆる権利証は不要です。

遺産分割協議による場合、必要書類は次のとおりです。
 1. 被相続人の出生から死亡するまでつながる戸籍謄本等
 2. 被相続人の住民票除票
  (登記簿上の住所から死亡時の住所までつながるもの)
 3. 相続人の戸籍謄本・住民票・印鑑証明書
 4. 遺産分割協議書

当事務所におまかせいただければ、印鑑証明を除く書類の手配を行うことができます。(別途見積)

相続登記には戸籍集めや誰が何を相続するかを決めるなど、時間がかかります。

また、相続した不動産を売却するには、前提として相続登記は必須です。

名義変更に期限はありません。
しかし、放置しておくと相続人がどんどん増え、まとまるはずだった話もまとまらなくなってしまうかもしれません。
早く名義を変えておけばよかった・・・というお声をよくお聞きします。
当事務所へのお早めのご相談をお勧めします。